ログイン

おもしろコンテンツ

  • ダーツ基礎講座
  • WHAT's DARTS?
  • 俺、バレルデザイナー
  • ダーツ用語集
  • 壁紙ダウンロード

イベント&キャンペーン

為になるダーツ講座

<< 第2回「1ヶ月でレーティングを2上げる方法」目次から選ぶ第4回「常にカードをさしてゲームしましょう」 >>

第3回 リズム 「T-Bのメシよりダーツ第48回より」

10日位前に感動のカウントアップパーフェクト1200点を達成しました。

以前も20の練習中に1205点ってのはやったことがあるんですが、パーフェクトのほうが断然嬉しかったですね。
ダーツを始めて5年と数ヶ月、毎日カウントアップをやり続けての事ですから喜びもひとしおでした。

24本いろんな気持ちがあり、最後の6投が大変でした。 1ヶ月前では絶対出来なかった事が10日前に何故出来たのでしょう。
それは最近特に取り組んでるリズムを大事にした結果だと思います。

美空ひばりさんの「歩」という唄だったと思いますが「勝つと思うな思えば負けよ」って フレーズがあったと思いますがここのところだと思います。
人間の欲が心を狂わせ腕を狂わせると思います。 もし1ヶ月前の気持ちで10日前に一本一本狙って投げてたら間違いなくミスしてたと思います。

ではどのように24本投げたのかというと同じように「1、2の3」「1、2の3」のリズムで投げ続けただけなんです。
最後の6投は狂いぎみでしたがかろうじて入りラッキーでした。

B、Cフライトの試合でよく見る光景が、1ゲームで残りのシングルを丁寧に狙って狙って「アレッ?」ってバーストって パターンがよくありますよね。
ここも自分のリズムが確立してれば「1、2の3」でスムーズに上がれる確率が高いと思います。

では、どのように練習するのか説明をしたいと思います。

自分のリズムを作る!リズム時の注意事項▲ページトップ

自分のリズムを作る!

自分のフォームにあったリズムを作りタイミングを計ってください。自分の場合は「1、2の3」です。

1で合わせ2で引いて「の」で溜め3で手を前に振る。

このリズムで最近はずっと練習してました。自分にあったリズムですので「チャーシューメン」でも何でもいいと思います。

自分のリズムを作る!リズム時の注意事項▲ページトップ

リズム時の注意事項

注意事項は構えすぎない事です。

長く構えてれば丁寧に投げてる感じがしますが実は長く構えるのってリズムを作りにくいんですね。
目標にちょん、と合わせる感じでリズムを作ってみてください。

そして結構自信満々で意気込んで出た大会、なんと68が上がれず負けてしまいました。 24本入れることが出来たのに…。
相手のプレッシャーにあせり、リズムが完全に狂いました。 「1、2の3」ではなかったですね。試合でどんな局面でも出来るようにならなければって思いました。

機械人間のように・・・

自分のリズムを作る!リズム時の注意事項▲ページトップ

<< 第2回「1ヶ月でレーティングを2上げる方法」目次から選ぶ第4回「常にカードをさしてゲームしましょう」 >>

このページのトップへ